2019年 こどもの日(バングラデシュ)

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年3月17日

この日、「バングラデシュ」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

শিশু দিবস ২০১৯

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

バングラデシュ

こどもの日

শিশু দিবস:こどもの日

「こどもの日」の日付は、国によってバラバラです。

バングラデシュでは、毎年、「3月17日」「こどもの日」とされています。

バングラデシュの独立運動に大きく貢献し、独立後の初代大統領も勤めた「Sheikh Mujibur Rahman:シェイク・ムジブル・ラフマン」さんの誕生日(1920年3月17日)が由来となっています。

彼は、1975年に、軍部によるクーデターにより、一家全員、殺害されてしまいます。

その後、軍事政権が続いていくことになります。

クーデターの際に、イギリスに留学していて難を逃れた彼の娘の「シェイク・ハシナ」さんが、1981年に帰国。

軍事政権の反対活動を続け、1990年末に軍事政権は崩壊。

彼女は、民主化後の、1996年〜2001年にかけて、バングラデシュの首相も勤めました。

その際の「1996年」に、「バングラデシュ独立の父」とも称されている父の誕生日「3月17日」を「こどもの日」とすることが決められました。

彼女は、2009年以降、2期目、3期目の首相を務めており、現在(2019年)の首相でもあります。

ロゴデザイン

Google」の文字を、子供に見立てたロゴデザインとなっています。

こどもの日らしいロゴとなっています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 バングラデシュのGoogleサイト:বাংলাদেশের শিশু দিবস
 → https://www.google.com.bd

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「バングラデシュ こどもの日」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク