First Image of a Black Hole

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年4月10日

この日、「アメリカ」をはじめとして、いくつかの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

The First Image of a Black Hole!

¡La primera imagen de un agujero negro!

Первое в истории изображение черной дыры

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「アメリカ」をはじめとして、多くの国で変更されています。

ブラックホールの撮影に成功

「2019年4月10日」、「ブラックホール」の姿がついに捉えられました。

日米欧などの国際共同研究グループが、「ブラックホール」の撮影に初めて成功したと発表しました。

このプロジェクトは、「Event Horizon Telescope:イベント・ホライズン・テレスコープ:EHT」という名称で、日本の国立天文台も参加しています。

「2019年4月10日13時:世界標準時」(日本時間10日22時)、アメリカ合衆国、ベルギー、チリ、日本、中国、台湾で同時に研究成果についての記者会見が開かれ、今回撮影に成功した「ブラックホール」の写真が公開されました。

撮影された「ブラックホール」はおとめ座の「M87」という銀河の中心にあり、太陽の65億倍もの巨大な質量を持つそうです。

オレンジ色の光の中に、ぽっかりと空いた穴のような形状をしています。

ブラックホールは光を発しないため、直接観測することはできませんが研究チームは2年前、世界各地6箇所にある8つの電波望遠鏡を連動させることで撮影を試み、ついに黒い穴の撮影に成功しました。

8つの望遠鏡を連動させることで、ハッブル宇宙望遠鏡の約2,000倍(月面にあるゴルフボールを確認できるほど)に解像度を高め、撮影に挑んでいました。

今回の観測に利用された8つの望遠鏡は以下の通りです。

 アルマ望遠鏡(チリ)
 APEX(チリ)
 IRAM(スペイン)
 ジェームス・クラーク・マスクウェル望遠鏡(ハワイ)
 大型ミリ波望遠鏡(ハワイ)
 サブミリ波干渉計(ハワイ)
 サブミリ波望遠鏡(アリゾナ)
 南極点望遠鏡(南極)

今回撮影された「ブラックホール」のリングの直径は、およそ1,000億kmと観測されています。

ブラックホールの存在は、アインシュタインの相対性理論によって100年前に予測されていましたが、観測が難しく、今回、初の観測となり、その存在が証明されました。

関連する過去のロゴ

過去にも天文学に関する発見の際にはロゴが変更されています。

よろしければご確認ください。

 地球の7倍の太陽系外惑星発見 (2017年2月23日)

 火星で発見された水の証拠 (2015年9月29日)

ロゴデザイン

撮影された「ブラックホール」がモチーフになっています。

「Google」の文字が「ブラックホール」に吸い込まれて行きます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 アメリカのGoogleサイト:First Image of a Black Hole
 → https://www.google.de

 スペインのGoogleサイト:First Image of a Black Hole
 → https://www.google.es

 チリのGoogleサイト:Primera imagen de un agujero negro
 → https://www.google.cl

 ロシアのGoogleサイト:Первое изображение черной дыры
 → https://www.google.ru

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ブラックホールの最初の画像」です。

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク