新しい時代を祝おう

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年5月1日

この日、「日本」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

新元号「令和」を祝福して

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

日本

新元号「令和」

新元号「令和」を祝福して

「2019年5月1日」に、日本では新元号「令和」へと改元となります。

前日の「2019年4月30日」には、前元号「平成」の最終日のロゴが表示されました。

 平成最後の日 (2019年4月30日)

新元号「令和」の出典は、万葉集の梅花の歌32首の序文とされています。

「時、初春の令月にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。」

現代語での意味は、以下のようなものです。

「初春の良き月夜、空気は澄み風は和らぎ、梅の花は鏡台の前のおしろいのような色で開き、蘭の花の香りは装飾品の香りのようだ。」

この序文は、「大宰府」で開かれた「梅花の宴」の時に詠まれた歌32首につけられたものであることから、「大宰府」は「令和の発祥地」として注目が集まっています。

改元

現在の日本の元号については、「元号法」に基づき制定されています。

「元号法」の本則は以下の2項です。

1:元号は、政令で定める。
2:元号は、皇位の継承があった場合に限り改める。

125代天皇である「継宮(明仁)」様が退位され、皇太子であった「浩宮(徳仁)」様が126代目の天皇として即位することで、新元号「令和」へと改元されます。

「2019年5月1日」には、「剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)」が行われます。

これは、皇位継承の証として剣と璽を受け継ぎ、新天皇となる儀式のことです。

日本では、この日から新元号「令和」の時代が幕を開けます。

即位した天皇が日本国の内外に即位を宣明する儀式「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」は、「10月22日」に行われる予定です。

尚、次の皇位継承者(継承順位第1位)は「秋篠宮文仁親王」であり、「立皇嗣の礼」は、「2020年:令和2年 4月19日」に行われる予定となっています。

ロゴデザイン

「令和」の元号が中央に描かれているロゴです。

「令和」は、万葉集の「梅花の歌」が出典となっているため、梅の花も描かれています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 日本のGoogleサイト:令和
 → https://www.google.co.jp

検索される言葉は「令和」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク