スタニスワフ・モニューシュコ 生誕200周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年5月5日

この日、「ポーランド」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Stanisław Moniuszko – 200. rocznica urodzin

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

ポーランド

「スタニスワフ・モニューシュコ」さんって??

Stanisław Moniuszko:スタニスワフ・モニューシュコ

ポーランドの指揮者、作曲家です。

「1819年5月5日」に生まれて、「1872年6月4日」に逝去されています。

そのため、生誕200周年になります。

現在のベラルーシ、ミンスクの近郊で生まれ、幼い頃に母親から音楽の手ほどきを受けました。

1827年、オルガニストの「August Freyer:アウグスト・フレイエル」さんから、ピアノを学びます。

1837年にはベルリンへ留学。

指揮法や音楽理論を学びながら、同時に合唱の指揮やオペラのピアノ伴奏者としても活躍しました。

帰国後は、ピアノ教師や教会のオルガン奏者を務めながら、アマチュア合唱団を結成し、精力的に音楽活動を行いました。

1848年には、歌劇「ハルカ:Halka」を作曲し上演。

「ハルカ」はポーランドのみならず、国際的に成功した作品となりました。

「ハルカ」の成功により、「テアトル・ヴィエルキ」の指揮者となり、その後、新たな作品を生み出し、自身の指揮で上演しました。

彼の作品は、ポーランドの大衆文化に根付いたものでした。

そのため、現在では、ポーランドの国民的な音楽家と評価され、「The father of Polish national opera:ポーランド国のオペラの父」とも称されています。

母国の音楽の発展に大きく寄与された方です。

代表作には、「ハルカ:Halka」の他、「幽霊屋敷:Straszny Dwór」等があります。

ロゴデザイン

オペラを指揮する「スタニスワフ・モニューシュコ」さんがロゴに描かれています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 ポーランドのGoogleサイト:Stanisław Moniuszko
 → https://www.google.pl

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「スタニスワフ・モニューシュコ」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク