コンチャ・マイケル 生誕120周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年5月24日

この日、「メキシコ」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

120º aniversario del nacimiento de Concha Michel

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

メキシコ

「コンチャ・マイケル」さんって??

Concha Michel:コンチャ・マイケル

メキシコの女性シンガーソングライター、活動家です。

「1899年5月24日」に生まれて、「1990年12月27日」に逝去されています。

そのため、生誕120周年になります。

ハリスコ州のビージャ・プリフィカシオンで生まれました。

父親は交易船との貿易の仕事をしており、彼女は修道院の学校に通うようになると、すぐにギターを始めました。

メキシコ革命直後の1918年、メキシコ共産党に参加し、「エルナン・ラボルデ」さん達と共に活動を行いはじめます。

革命を暗に扇動するような曲を作り、各地で歌いました。

その一方で、各地を訪れた際に、先住民の伝統的な文化や音楽を収集しました。

その後、アメリカへ行くと、近代美術館やロックフェラー家の誕生パーティーなどで歌い資金を稼ぐと、ロシア、ヨーロッパへと旅行。

当時のメキシコは革命後の混乱した時代であり、同じく革命後のロシアの現状を見ることが目的でした。

そこで、「アレクサンドラ・コロンタイ」さん(女性革命家)を初めとする女性が活躍する国家に影響を受けました。

帰国後は、女性の社会進出の権利などを主張する活動を開始します。

このことで、後に共産党を離脱しています。

メキシコの伝統的な音楽を受け継ぎ、それを元に曲を生み出した、当時では珍しい歌手でした。

共産党所属時代は、同じく共産党に所属していた画家の「フリーダ・カーロ」さんや「ディエゴ・リベラ」さんと共に活動も行なっています。

晩年は、メキシコの先住民文化の保存、継承のための活動も行なっています。

ロゴデザイン

「コンチャ・マイケル」さんがロゴに描かれています。

「La Adelita:ラ・アデリータ」というフォークダンスがモチーフになっています。

「アデリータ」とは、兵士、料理人、看護師等として革命に参加した女性達のことを指しています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 メキシコのGoogleサイト:Concha Michel
 → https://www.google.com.mx

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「コンチャ・マイケル」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク